AKB48組閣についての雑感 その1

8/24に組閣が発表されましたね。
映像を観た限りでは、移籍者のみ事前合意済みの上での発表のようで。


組閣には表向きいくつかの目的がある。
(1) 公演などのグループの活動をよりスマートに行えるようにするため
(2) メンバーの成長を加速させるため
等々、もちろん他にも細かい目的は色々あるでしょう。
メンバーサイドにとって特に重要なのは当然ながら(2)の方。


現状に満足しているファン(ヲタ)の中には、その現状に手を加える組閣に文句を言う人もいるだろう。でも、ファンは結局のところ今が楽しければいいだけ。そして飽きたらアイドルを捨ててファンを辞めてお終い。


でもメンバーは違う。アイドルとして飽きられてお終いになるわけにはゆかない。そのためにも、アイドルをやりつつ常に進化し続けてステップアップしてゆかなければならない。
企業で定期的に配置転換するのと同じ。同じ環境でやらせるよりも定期的に環境を変えてやらせる方が成長速度が早い「可能性が高い」。その可能性にかけるだけなので、実際に効果があるかどうかは当然わからない。
オーディションで選ばれたとはいえ、48Gメンバーの大半が周りのタレントに比べればタレント適性で劣る人たち。なので、じっとしているよりは動いていく方がよい。


メンバーが新しい環境で新しい魅力を見せてくれるのを楽しみにしています。
まぁ、とは言っても、一部をのぞくと実際に組閣が行われるのは半年後とかの話なんだろうなぁw

広告を非表示にする