負けず嫌いの宮前杏実ちゃん

今日の「会いたかった」公演は、今出舞ちゃんが卒業後はじめて鬼頭桃菜ちゃん・斉藤真木子ちゃんが欠席の公演ということで、「背中から抱きしめて」がオール5期!
フレッシュなメンツでなかなか良かったです。


さて今日一番印象に強く残ったのが、その「背中から〜」の一員でもある宮前杏実ちゃん。
今日の一回目の自己紹介MCは「自分の長所」というお題でしたが、
『私は長所は「負けず嫌い」だと思うんですよ。「負けず嫌い」と聞くと皆さん「我が強い」とイヤなイメージがあると思うんですけれども、負けないために努力をして、それが今後につながっていくので、「負けず嫌い」はいいことだと思うんですよ!』
みたいなことをめいっぱいの身振り手振り付きで力説していましたw


本人の言うとおり、「負けず嫌い」パワーはかなりの威力が期待できますが、それはあくまでそのパワーが正しい方向に向かえばの話で、どこかおかしな方向に逸れてしまうと目も当てられなくなってしまうという諸刃の剣。


SKE48の中で「自分は負けず嫌いである」と公言しているメンバーもそれなりにいますが、普段からそれを隠そうとしないのは後輩メンバーでは宮前杏実ちゃんくらい。実際はまだ精神的に幼い故にこうしているだけかもしれませんが、この世界は他の人と同じレベルでやっていても埋没するだけでダメで、周りから抜け出してかつ明らかな差をつけないといけない世界なので、少なくとも今のところ他のメンバーと大差はない(というか若干遅れをとっている)杏実ちゃんの戦略として、このようなアピール方法・自分を追い込む方法をとっているのは、これはこれで悪くはないかなと。


ただ問題はあくまでそれが何かしら結果につながるかどうか。杏美ちゃんの「負けるもんかパワー」が正しい方向に向かっていずれ開花するか、正しい方向に向かうけれども開花はしないか、おかしな方向に向かってしまうのか、それとも大人になるにつれて丸くなるのか。今後が楽しみなメンバーの一人です。

広告を非表示にする