2012年上半期 SKE48公演関連 統計まとめ

2012年も半分が終了ということで、SKE48の2012年上半期の公演関連の統計をまとめました。


(1)チーム別公演数
SKE48の手持ちのセットリスト(PARTYが始まるよ/手をつなぎながら/制服の芽/会いたかった/ラムネの飲み方/パジャマドライブ/逆上がりの計7つ)の劇場公演/出張公演/見逃した君たちへ2公演をカウント

チームS チームK2 チームE 研究生
PARTYが始まるよ 36
手をつなぎながら 2
制服の芽 31
会いたかった 2 20
ラムネの飲み方 36
パジャマドライブ 16
逆上がり 13
33 38 29 56

セットリストの切り替えがあったチームE公演が若干少なめで研究生公演が多めですが、研究生は人数も多いので、一人が出演可能な平均公演数(56*16/22=40.7) を考えると、チーム毎のバランスは研究生も含めてまぁまぁとれています。


(2)個人別出演回数分布
2012/6/末時点の在籍者対象。
上記7セットリスト公演への出演回数をカウント。
一部出演・ユニットのみ出演等もカウント。
BDのみ出演・シングル(GMF含む)のみ出演・セレモニー関連のみ出演はノーカウント。

出演回数 人数
90-94
85-89
80-84
75-79
70-74
65-69
60-64
55-59
50-54
45-49
40-44
35-39
30-34
25-29
20-24
15-19
10-14
1
1
2
1
0
0
2
1
2
2
2
16
11
16
5
1
1

■■





■■
■■
■■
■■
■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■

離れ小島のような突出組がいて、あまりキレイな分布になっていないですねw
ただ全体の3分の2にあたる42人が27−38公演の範囲内なので、大半は今のところそれほど差はないかなと。


(3)出演回数多い順トップ10

順位 出演回数 メンバー チーム
1 92 井口栞里 研究生 2
2 88 鬼頭桃菜 研究生 2
3 85 小林絵未梨 研究生 4
4 80 斉藤真木子 研究生 2
5 79 内山命 研究生 2
62 (今出舞) (研究生) 3
6 60 菅なな子 研究生 5
7 59 水埜帆乃香 研究生 4
8 57 古畑奈和 研究生 5
9 53 藤本美月 研究生 5
10 51 犬塚あさな 研究生 4

昨年は、正規チームメンバーと研究生メンバーが相互にそれぞれの公演に出演していましたが、今年は研究生が正規チーム公演に出演するのみだったため、結果、出演回数多い順は研究生が上位を独占しています。中でもスーパー研究生5名の突出ぶりがすごい。
そしてなんといっても井口栞里ちゃん。昨年一年間の正規チーム公演アンダー出演わずか7公演という、研究生の落ちこぼれっぽいメンバーでしたが、昨年から上位に食い込んでいた研究生4人衆(小林絵・今出・斉藤・鬼頭)をも抑えてトップに立ってしまいました。これは半年前には予想できなかった。
ちなみに正規チームメンバー最多は阿比留李帆ちゃんの39公演。それにチームK2公演皆勤組(38公演)が続きます。


(4)出演回数少ない順トップ10

順位 出演回数 メンバー チーム
1 14 松井珠理奈 チームS 1
2 18 木本花音 チームE 4
3 20 松井玲奈 チームS 1
4 21 平松可奈子 チームS 1
5 22 金子栞 チームE 4
6 23 高木由麻奈 チームE 4
7 24 秦佐和子 チームK2 3
8 27 高柳明音
上野圭澄
宮前杏実
チームK2
チームE
研究生
2
3
5

松井珠理奈ちゃんはこの他に「RESET」公演にも出演しているので参考ということで。
上位はいつものレアキャラメンと、怪我などで中期離脱していたメンバーが主ですが、あとセットリストの切り替えのあったチームEのメンバーが若干目立っています。松井玲奈ちゃんは、一部出演も少なくないですが、昨年に比べて順調に出演回数を増やしていますね。
あとは研究生ながら宮前杏実ちゃんが登場しています。気がつけば「会いたかった」公演レギュラーでもなく正規チーム公演アンダー出演もしていないただ一人の研究生となってしまいましたが、ただ(2)の分布図のとおり27公演というのは他多数と大差はないので、今後十分挽回は可能かと思います。


2012年下半期は、最近の傾向で研究生公演のペースが鈍化している点、そしていよいよ昇格等もあるかもしれないので、そのあたりで変動がありそうですね。


※2012/12/28 一部カウントミス修正

広告を非表示にする