LOD SKE48チームE「逆上がり」初日 (5/14)

ついにE2nd「逆上がり」公演がはじまりました。
細かい点はおいおい触れるとして、今日は初日の全般的な感想を。


(1) K5th「逆上がり」公演は、すでにAKB48の楽曲が枯れつつある時期のセットリストなので、個人的には公演タイトル曲の「逆上がり」とユニット曲くらいしかパッとした曲がないと感じていて、あまり過大な期待は元からしていませんでしたが、今日視聴した限りでは、Eメンの動きが予想以上に良かったのと、あと新公演で新鮮さもあって上記以外の曲もそれなりに楽しめました。


(2) DMMの映像がカメラ1台からカメラ3台の映像に劇的に進化しました (「逆上がり」公演より、今回のカメラ3台体制の映像の新鮮さの方がインパクト大きかったかもw)。結果、全体の動きが把握できなくなったり特定メンバーをずっと追うことはできなくなりましたが、それを今更言っても仕方がないので、特にアップの映像が増えてメンバーのかわいいお顔がはっきり観れることになったのを喜ぶことにします。
とりあえず、この映像で「制服の芽」「ラムネの飲み方」「PARTYが始まるよ」「会いたかった」の4セットリストがどう映るのか、そちらもとても楽しみです。


(3) ユニット曲の振り分けですが、なかなか絶妙な配置でしたね。
ユニット内序列順(推定)で、
「エンドロール」原望奈美・梅本まどか・磯原杏華・斉藤真木子
「わがままな流れ星」木本花音・柴田阿弥
「愛の色」竹内舞・上野圭澄・都築里佳・酒井萌衣・岩永亞美古畑奈和
「抱きしめられたら」金子栞・小林亜実・高木由麻奈
「虫のバラード」山下ゆかり


盤石な布陣で固めた「エンドロール」。「わがままな流れ星」ではエースのんのんに対して柴ちゃんがアピール力で全くひけをとらず。「愛の色」では、まいまいがついにユニットメインに起用されましたね。あと研究生枠があるのもうれしい。そして!「抱きしめられたら」の金ちゃんのハマりっぷり!これは思いっきり予想外。あのぶちゃきゃわ金ちゃんがここまで色っぽさを出せるとは・・・。そして「虫のバラード」は、Eメン熱唱系と言えばこの人という、ゆかぴ。


はじめに書いたとおり楽曲がいまいち魅力に欠けるセットリストなので、新鮮さが失われた後がちょっと不安ですが、とりあえず当面は楽しめそうです。

広告を非表示にする